【書評】13歳、「私」をなくした私 性暴力と生きることのリアル 現代性教育研究ジャーナルNo.74

大阪大学大学院准教授  野坂祐子さんが 13歳、「私」をなくした私の書評を書いてくださいました。

現代性教育研究ジャーナルに掲載されています。
こちらから↓ダウンロードできます。
http://www.jase.faje.or.jp/jigyo/kyoiku_journal.html

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◆ 現代性教育研究ジャーナルNo.74 ◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◎2017年5月15日配信 目次◎

障害児・者の性、性教育に取り組む際の視点の検討
性の肯定的理解を促すために
 広島都市学園大学子ども教育学部子ども教育学科准教授  児嶋芳郎

性教育の現場を訪ねて2 北海道札幌市立柏中学校(下)
確かな指導体制のもとで全教員が性教育に取り組む
 教育ジャーナリスト  日向野一生

LINEでつながる Dr.上村茂仁の性の悩みクリニック 第14回
父に下半身を触られる、誰にも言えない、助けて!
 ウィメンズクリニック・かみむら院長 医学博士  上村茂仁

多様な性のゆくえ One side/No side [2]
オーランド銃乱射事件を振り返る
 産経新聞特別記者、公益財団法人エイズ予防財団理事、
 特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議事務局長 宮田一雄

今月のブックガイド 「私」を壊す力、「私」を生きる力
13歳、「私」をなくした私 性暴力と生きることのリアル
(山本潤著 朝日新聞出版)
 大阪大学大学院准教授  野坂祐子

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

 書評は、簡潔でわかりやすい表現の中に、そういう事だったのか~と気づきと理解が深まるような文面になっていて、私も改めて気づくことがありさすがだ!と思いました。
 まだまだ自分のことがよくわかっておらず、このように性被害を専門家とする専門家と交換しながら、わかりながら、また伝えられるようになりたいと思っています。
 深く理解してくださったことに泣けました。
 野坂さん、本当にありがとうございます!

 素晴らしい書評なので、みなさまもぜひお読みください!!


コメント

このブログの人気の投稿

【2/25:東京】 『13歳「私」をなくした私-性暴力と生きることのリアル―』 出版記念トークショー

「性暴力取材のためのガイドブック」ができました!

【埼玉2 /18】シネマサロン 性暴力を考える 上映作品『あなたは悪くない~性暴力サバイバーからのメッセージ~』