投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

【刑法当事者会】12/9シンポしんぶん赤旗掲載

イメージ
12/9シンポジウムの様子が12/22しんぶん赤旗で掲載されました。
私以外の登壇者のお話も含め、全体の様子がとてもバランスよく伝わるよい紙面だと思います♪
写真はぼやけているので、下記リンクよりご覧ください。

http://goo.gl/69XGQG







【性暴力と刑法を考える当事者の会】12/9 私たちの声を聴いてくださいシンポジウム御礼

イメージ
12月9日開催シンポジウム
「私たちの声を聴いてください~性暴力被害者の声を反映した刑法性犯罪の見直しを求めて~」
についてご報告します。

なんと、44名の皆様にお越しいただきました。
こんなに多くの方に参加いただけれるとは思わず、お席や資料等で不備があり、申し訳ありませんでした。


左からけいこさん(SIAb.)、村田智子さん(クラマエ法律事務所)、さちさん(NPO法人レジリエンス)、私です
当日は、まず弁護士の村田智子さんより、
昨年10月から開始されている刑法(性犯罪)改正議論について、刑法検討会から法制審議会までの流れとポイントを、分かりやすくお話いただきました。

次に性暴力被害当事者3名が登壇し、それぞれの経験から、
現在の改正議論に対する考えをお話いただきました。




その後の意見交換では、会場からの質問も多数いただき、
活発な議論が交わされました。
皆様とともに、刑法性犯罪の在り方を考えることのできる場に
なったと感じております。

なおシンポジウムの様子が12月10日の「西日本新聞」に掲載されました。
当会が要望した主な項目についてもご紹介いただいています♪



参加された皆様にアンケートでたくさんの感想をいただきました。

皆さんそれぞれに、熱い思いや、心に響いた感想を書いていただき
伝わったのだな~と嬉しかったです。
以下、掲載いたします。

***

「私たちの声を聴いてください~性暴力被害者の声を反映した刑法性犯罪の見直しを求めて~」
アンケート集計

参加者:44名
回答者:33名


★1.基調講演はわかりやすかったですか?
a.わかりやすかった 27名
b.普通        5名
c.わかりにくかった  0名
d.その他       1名
・すみません、遅刻したので、わかりません・・・


★2.リレートークを聴く中で学びや意識の変化はありましたか?
   その理由をご記入ください
a.あった 33名(回答者全員!)

・どうしてこんなに苦しみながら・・・など、当事者の声を聴くことは、本当に大切だなと思いました。
・声をふるわせながら被害について話して下さり、信頼を裏切られる苦しみなど想像が深まりました。

【性暴力と刑法を考える当事者の会】11/24第2回要望書を提出しました。

イメージ
「性暴力と刑法を考える当事者の会」では10/29に第1回要望書を提出しましたが、

更に論点を追加し、法制審議会刑事法(性犯罪関係)山口厚 部会長宛の第2回目の要望書を、11/24に福島みずほ参議院議員の秘書さまが法務省に同行してくださり、
法務省職員に手渡しました。


第2回要望書も、11/27の法制審議会刑事法(性犯罪関係)部会会議の際に配布されました。


どうして2回要望書を提出したのか? それは、1回目の要望書を提出した時に、法務省担当者としての意図の説明と当事者側の思いについて意見交換があったり、また1回目の要望書提出後におこなった記者会見で記者さんたちと質疑応答をした時に、もう少し何を意味しているのか詳しく聞きたいという意見があったからです。 なので、もう少し議論を深めたものが2回目の要望書です。


この時も50分くらい意見交換をする時間を設けてくださいました。
職員の方が意見を聞いてくださる姿勢や、意見交換をしてくださったことが、「伝えていいんだ」とエンパワメントされる体験になりました。

法律の知識に基づいた反論はできなかったかもしれないけれど、当事者の現状や思いは伝えられたかなと思います。

こういう風に伝えていくことが大事だと実感しています。

12/9のシンポジウムの準備が大変で遅くなりましたが、第2回目要望書提出についてご報告させていただきました。
時間がない中、要望書作成に尽力くださった「刑法当事者会」のメンバー、同行くださった議員秘書さま、対応していただいた法務省職員さま、本当にありがとうございました。