投稿

9月, 2015の投稿を表示しています

野いちごの会1 体験レポート②「モヤモヤを形に・・・」

イメージ
前回の体験レポート①の中で
野いちごの会は より良い人生を生きていけるという希望が持てる
自分がよい方向に変わっていくための、きっかけになる、一歩を踏み出せる
そんな気づきや学びを お互いに分かち合うことによって 前に進むことができる
そんなことができるグループでありたい
と書きましたが、 「だからそれって具体的にどういうことなんよっ」 と思われた人もいるかもしれません。 ちょうどタイムリーに参加者の方から、ステキな感想が届いたので、それをご紹介させてもらえればと思います。


☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

ちょうど1年前、気持ちの蓋が開いてしまい、10代の自分が覚醒してしまいました。
あれこれと、もがいてあがいていた時に潤さんとの出会いがあり、野いちごにも参加させてもらうことになり、そこでの仲間たちとの出会いがありました。
言いっぱなし聞きっぱなしのグループやサロンに参加したことはありましたが、どうしてもその場しのぎになってしまい次の一歩には繋がりませんでした。
野いちごでは、お水やリボン、粘土を使ったワークがあり、言語化出来ない自分のモヤモヤが目に見える形として、そして触れることが出来る形として意識することが出来ました。 自分だけではなく仲間の気持ちにも見たり触れたりすることが出来ました。
過覚醒な状態で参加することに不安がありましたが(自分のことでいっぱいなのに他人まで支えられるか的な)、素敵な仲間に恵まれて問題なく過ごすことが出来ました。グループの素晴らしさを実感しました。
人数も、私には丁度良かったみたいです。
全ての回に参加することは出来ませんでしたが、回復の土台となったことは間違いありません!
セカンドでは、ぜひスタッフとして参加させて下さい。

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
感想の中の
「言語化できない自分のモヤモヤが目に見える形として、そして触れることができる形として意識することができました」 という一文に そうそう、それなんです。野いちごの会はそういうことをやるんです!
我が意を得たり! と膝を打ってしまいました。 (表現が古くて伝わるか心配)
でも本当に、モヤモヤを形にする。そしてそれを仲間と体験する、ということが グループプログラム、グループワークの醍醐味だと思います。 そのことが変化や…

野いちごの会1(ファーストサークル) 体験レポート①「野いちごの会が大切にしていること」

イメージ
シルバーウィークですね~
みなさま、楽しく過ごされているでしょうか?
私は、普段と全く変わらず、勉強と活動にいそしむ日々です。でも、活動が喜びであり、息抜きにもなっています。 work horic ならぬactivete holic?
でも、「自分の健康や生活はないがしろになっていない!」というより、より良くなっていっているので大丈夫でしょう。

さて、10月から「野いちごの会2(セカンドサークル)」が始まります!
その前に「野いちごの会1(ファーストサークル)」がどんな内容だったのかという報告を、これから3回くらいでしていきたいと思います。

4月18日(土)の説明会から始まった「野いちごの会1」

のっけからのハプニングや、これからどうなるんだろう!?というドキドキもありましたが、9月27日(日)の6回目が終われば、無事に終結します。

最後にどんでん返しがあるかもしれませんが
(ないことを祈る!)
「野いちごの会1」で行われてきたことを、ご紹介します♪

1.野いちごの会が大事にしていること

1)安全・安心

 野いちごの会は、安全・安心を最も大事にしていまます。
 それは、安心して落ち着いて過ごせる環境だったり、
 グループの中で話し合われたことはグループの中に留める約束だったり、
 自分人を大切にし、お互いがお互いを大切にし、グループを守る
 というルール作りだったりします。

中でも、環境は大事だと思っていて、それが落ち着けるお部屋かなと思います。
東京なのでなかなか部屋代は厳しいのですが、公共施設よりは、落ち着ける環境かなと思って
いつもお願いしているのがこのお部屋です。




良い感じでしょ?


「野いちごの会2」も引き続き、このお部屋を使わせてもらいます!


2)回復共同体の理論に基づいたグループづくり

 精神科医 斎藤学さんの「封印された叫び」の冒頭に

「ある人の人生とはその人の回想のことである。個々の記憶の内容が、前後関係を位置づけられて並んだものがその人の考える自分の人生であり、つまり自分自身である」と述べられています。

でも、回想するための「記憶の内容」を失うと、「普通の人」のように暮らしていてもなかなか生きづらくなると書かれています。

 私も自分の「性被害体験のある人生」を考えると、トラウマ記憶であり想起しにくく、うまく回想できないということがあったと思います。今も…

10月10日(土)説明会開催後、「野いちごの会」セカンドサークルをスタートします!

イメージ
初めての手探りのグループでしたが、メンバーにも恵まれ野いちごの会ファーストサークルを無事に終えられそうです。
ファーストサークルの経験を生かし、今年度後半は野いちごの会セカンドサークルをスタートさせたいいと思います。

【説明会】
日時:10月10日(土)午後1時半~3時半
内容:講座「性暴力サバイバーと治療共同体」
          グループプログラムの紹介           ミニグループワーク:聖域の水(安全で安心な環境を守るワーク)

参加費:500円   
参加対象者:女性、協力者の方
場所:東京ウイメンズプラザ視聴覚室B(東京都渋谷区神宮前5丁目53−67)
※説明会に出席された方がグループプログラムに参加できます。
グループプログラムの開始日は以下の通りです。 グループプログラム(10月~2月まで) <第1回> 10月31日(土) <第2回> 11月23日(月) <第3回> 12月19日(土) <第4回> 1月11日(月)変更あり <第5回> 1月30日(土) <第6回> 2月20日(土) 毎回 13時~15時半まで  参加費:毎回2000円

☆★☆☆★☆ 参加対象者 ☆★☆☆★☆

<女性限定>
*言いっぱなし、聞きっぱなしでは物足りない *被害経験を語れないと感じている人、どう扱っていいのかわからない人 *被害経験の意味を考え、自分の解決を見出したい人 などの方におすすめです。 ☆★☆★☆ お申し込み方法 ☆★☆★ 説明会、グループプログラム参加ご希望の方は下記アドレスに noichigonokai@gmail.com