投稿

12月, 2013の投稿を表示しています

2014年1月29日(水)三重県ハートフルフォーラムにパネリストとして参加します。

新年早々の大仕事♡

三重県まで出張し、犯罪被害者支援フォーラムに参加します。
三重は、伊勢神宮参拝のため、折々訪問していましたが、津に行くのは初めてかも。

場所が三重県立看護大学なので、ぴちぴちの(この表現がもう古い?)看護学生さんたちがたくさんいるんだろうな~

大藪順子さんと一緒の壇上に上がるなんて、光栄すぎて足がガクガクしちゃうかも。
大藪さんの基調講演「立ち上がる選択 性暴力被害後が生きやすい社会のために」がメインです。楽しみです!

三重県ですが、お近くの方がいましたらぜひおいでくださいませ☆

https://lolipop-mie-support.ssl-lolipop.jp/images/paper.pdf


11月25日北海道犯罪被害者支援フォーラム

イメージ
「大切な人が性暴力にあったら~私たちにできること」お招きいただき、「被害者支援とエンパワメントという題でお話ししました。100人以上を前にお話しするのは、はじめてだったので、緊張していましたが、司法面接で有名な北海道大学大学院教授の仲 真紀子さんが、あまりにもかわいらしく面白くステキな人だったので直前に楽しい時間を過ごせましたし、場をセッティングしてくれた北海道庁の方たちがとても親身にむかえいれてくださり、とても暖かさを感じながらお話しすることができました。拙い講演でしたが、「サバイバルサロンぷれぜんと」のオリジナルテーマソングも披露できて、みなさんによろこんでいただけたよう
でいただいたようでよかっです。講演前には、北海道の被害者支援を行ってる団体にも、お邪魔してお話をお聞きしました。北海道被害者総合窓口である、北海道家庭生活総合カウンセリングセンターでは、家庭生活総合カウンセリングという広い間口から、性暴力への直接支援まで地域の社会資源も活用した支援につなげていました。性暴力被害に特化した支援を行っているSACHRAでは、看護師やアドボケイドの要請研修も行い、被害者支援の裾野を広げようとされています。短い訪問でしたが、北の地の人々の暖かさを知り、その地で広がろうとしている性暴力被害者支援の動きにも触れることができました。そして、サバイバーさんにもお会いすることができ、その前向きなパワーにワタシも励まされ、出会いに恵まれた旅になりました。みなさま、本当にありがとうございます。

IAFNの素晴らしいところ その2 タフであたたかいナースたち

イメージ
前回報告から、だいぶ間があいてしまいました。
IAFN学会報告 その2です。
国際学会なので、アメリカ人だけではないのですが、ジャンボな人たちが多かったです。(スマートな人もいました)。そして、心も大きかったです。アメリカ各地から、世界中から集まり、暴力と虐待をケアし、そのサイクルをたちきるために看護に何ができるのか、連日熱意をもって、はなしあわれていました。
特に印象に残ったのは、
看護師のための人身取引の本があったことです。
その本の前垣には、人身取引とは夢を奪う行為である。ということが書かれてあって、健康問題、公衆衛生の問題として、看護介入の必要性や実際が書かれていました。
日本には、人身取引に看護が介入するという概念がまだありません。
自分たちがすることと思っていないと思います。
しかし、国際的には看護師はこの分野でも活躍しており、人々の健康を守り、社会問題を解決することに貢献しているのです。
この分野を開拓してきた多くの、タフで暖かいナースたちの後に続き、日本でも、暴力のサイクルを立ちきる看護の力を発揮できるよう、わたしも仲間たちとがんばりたいと思います。